文字
サイズ
背景色

【受付時間】平日:10:00~18:00 土曜:11:00~16:30
【定休日】日曜・祝日

メニュー

座卓修理

座卓修理1

祖父が愛用していた座卓とのことです。
表面の塗装が取れ、木部に欠けや割れが出来てしまいました。
すき間も埋まり、綺麗に仕上がり、想像以上の仕上がりにとても喜んで頂きました。
また、他の物もお願いしたいとのことで、鎌倉彫の文机の修理もご依頼頂きました。

    • 修理前1
    • 修理前2
    • 修理前3

    • 修理中1
    • 修理中2
    • 修理中3

    • 修理後1
    • 修理後2
    • 修理後3

修理方法は、すき間がある部分には木を埋め、全体をしっかり締め直し、表面の塗装を研ぎ落とし、拭き漆にて塗替えました。

座卓修理2

昔からご愛用の手のこんだしゃれた座卓です。お住み替えと共に修理のご依頼を受けました。
木部を直し、足、幕板は、漆にて鎌倉彫の塗りに、天板は、うるみ呂色に塗り替えました。新しいお住まいにとても良く合う素敵な品に仕上がりました。

    • 修理前1
    • 修理前2

    • 修理後1
    • 修理後2

修理方法は、この座卓の場合、木部の傷みがひどかった為、まず浮いている部分は削るもしくは固着させ、その凹んだ部分に、こくそ漆を埋め、さび漆を塗り、平らにします。天板部分は、その上に布をかけ、塗り込み、欠点が出ないように仕上げています。また、足や幕板の部分は、鎌倉彫の塗りのように、仕上げの前にまこもという粉を蒔き、艶を落とした塗りに仕上げています。

座卓修理3

昔からお使いになられていた、丸卓です。
表面を研ぎ落とし、彫りの部分は漆にて鎌倉彫の塗りに、天板の無地の部分には布を張り朱の呂色に仕上げました。とても綺麗に、貴重な座卓として甦りました。

    • 修理前1
    • 修理前2

    • 修理後1
    • 修理後2

修理方法は、天板の平らな部分には、布をかけ朱の呂色に仕上げ、真ん中の部分や縁の部分、足の部分は、鎌倉彫の塗りのように、まこもという粉を蒔き、艶を落とした塗に仕上げています。

座卓修理4

木地が出るほど使い込まれ、とても愛着がある使いやすい座卓だそうです。
なかなかそれに変わる物がなく、修理してお使いになりたいとの事でした。
裏を除く全面に布を張り替え、根来塗りに塗り替えました。
とても綺麗に甦り、これからも末永くお使い頂けると思います。

    • 修理前1

    • 修理後1

修理方法は、この座卓も天板の傷みがひどいため、凹んだ部分に、さび漆を塗り平らにして、その上に布をかけ、塗り込み、下塗りを黒塗で仕上げ、上塗りを朱塗りで仕上げ、表面を研ぎ出し、下の黒を少し見せた、根来塗りに仕上げています。

ページの先頭へ戻る